気軽に開設、無料で作るWEBサイト

WEBサービスを構築しようとする場合、様々なプログラムやスクリプト、あるいはイラストや写真、音楽等の素材を利用することになります。

WEBサービスを構築するうえで重要なライセンスの基礎知識

気軽に開設、無料で作るWEBサイト WEBサービスを構築しようとする場合、様々なプログラムやスクリプト、あるいはイラストや写真、音楽等の素材を利用することになります。そうしたものの殆どすべてに何らかのライセンスが付属しています。特にオープンソース系のシステムを利用する場合には、利用するプログラムやスクリプトにGPLライセンスやLGPL、MITライセンス、Apacheライセンス等のライセンスが付与されている場合がほとんどであると言って良いでしょう。

これらのライセンスは、プログラムを改造したり配布したりする場合にライセンスの掲示を行う必要があったり、ソースコードを同梱あるいは要求された場合に提示しなければならなかったりと、様々な規定が施されています。大抵の場合、配布されているものにライセンスに必要なファイルが同梱されているので、普段はあまり意識することはありません。しかしそれらのライセンスが付与されたプログラムを使った製品を販売するなどと言った時には重要な要素となってきます。

イラストや写真等の素材については、その製作者の著作権が存在しています。中にはパブリックドメインのように著作権そのものが放棄されたものもあります。それらの素材を利用するにあたっては、規約についてしかり目を通しておくことが大切です。